平成三十年 六月四日 更新

中嶋貞治 新刊のご案内

おうち割烹 一流に教わる基本のレシピ

発売日: 2017年11月20日
本体価格: 1,600 円(税抜)
詳細はこちらをご覧ください。
中嶋貞治その他の著作はこちらです。

ホールサービス急募

pocket-concierge
ちあゆのすきに
琵琶湖産の稚アユは、頭の内部が比較的やわらかいので、これを用いる。ウズラの卵は、くずしたときに割り下全体にまわって卵締めにならないように、溶き入れずに割り落とした。
一覧へ戻る材料と分量作り方とポイント

①椎鮎は串を打って素焼にする。

②ゴボウはささがきに、糸こんにゃくはゆでこぼして適当な長さに切る。長ネギも適宜に切る。

③鍋に割下を入れて火にかける。ゴボウ、糸コンニャク、長ネギを入れて煮る。沸騰して野菜に火が通ったら、稚鮎を入れて一煮立ちさせる。

④最後に端のほうにウズラの卵を割り落とし、粉ザンショウをふる。熱いうちに手早く提供する。

柴田書店 『魚づくし』に掲載されています。

Copyright © 2004 - 2015 NAKAJIMA SADAHARU Shinjyuku Kappou NAKAJIMA