平成二十九年 十月二十八日 更新

イベントのご案内

・11月19日(日) 日比谷公園 『第5回Fish-1グランプリ』 にて
11:00~11:15 に「開会宣言」
15:30~16:40 に賞状授与、「審査委員長挨拶」をいたします。

TV出演のご案内

・12月19日(火)
NHK あさイチ/3シェフ に出演予定です。
テーマは 『オレのおでん』

中嶋貞治 新刊のご案内

おうち割烹 一流に教わる基本のレシピ

発売日: 2017年11月20日
本体価格: 1,600 円(税抜)
詳細はこちらをご覧ください。
中嶋貞治その他の著作はこちらです。


日本料理 佳香(かこう)
ハイアット リージェンシー 東京の「佳香」「おんぼらあと」「寿司京」は中嶋が調理顧問をしております。年中無休で営業しておりますので、是非一度ご利用下さい。(ご利用時には「顧問中嶋の紹介」と一言、お伝え頂ければ幸いです。)
pocket-concierge

すし酢

すし飯に欠かせないすし酢。つくりやすい分量は米酢180ml、砂糖130g、塩40g、昆布5cm角1枚。これを鍋に入れて中火にかけ、温まったら弱火にして砂糖を溶かし、ボウルに移して常温に冷ませばでき上がり。沸騰させると酢の香りがとんでしまうので注意すること。昆布を取り出し、保存容器に移して冷蔵庫に入れれば2〜3週間は保存がききます。酢の物に使ったり、白みそを加えてあえ物に、オリーブ油と混ぜてドレッシングにも。

わさび酢

刺身にわさび酢をからめると、生臭さもなく、傷みも防いでくれます。葉物野菜のおひたしにかけたり、油を加えて和風ドレッシングにしてもおいしいもの。辛み・香りがとぶので、そのたびにつくりましょう。

かいせんわさびずどん
山葵の風味をきかせた合わせ酢に刺身をくぐらせるのが秘訣。市販の刺身盛り合わせを使えば、あっという間に料亭の味になりますよ。みょうがや青じそを混ぜた香り豊かなすし飯も食欲をそそります。
一覧へ戻る材料と分量作り方と調理のポイント
材 料(2人分)
刺身 *盛り合わせ等でよい 160g
みようが 20g
青じそ 2枚
貝割れ菜 10g
すし酢(つくりやすい分量)note
米酢 180ml
砂糖 130g
40g
昆布 5cm角1枚
ご飯(温かいもの) 300g
いりごま(白) 小さじ1/2
わさび酢note
山葵(すりおろし)・米酢 各大さじ1/2
だし・醤油 各大さじ1
noteカーソルをのせると詳細がご覧いただけます。

Copyright © 2004 - 2015 NAKAJIMA SADAHARU Shinjyuku Kappou NAKAJIMA